Menu

  1. Home
  2. コラム
  3. 袴についての豆知識

女子大学生や専門学生の卒業式といえば、美しい袴姿が目に浮かぶのではないでしょうか。ところが、なぜ袴を着るようになったのかは意外と知られていないようです。そこで、こちらでは卒業式に袴を着るようになったルーツをご紹介します。

袴の始まりはいつ頃?

袴の始まりはいつ頃?

袴は古墳時代から和装の下衣として着用されていた歴史があり、奈良時代には礼服として、そして平安時代には晴れ装束として宮中で着用されていました。しかし、鎌倉時代になると宮中以外で袴姿を見ることはほとんどなく、室町時代には袴を着けない小袖姿が一般的になっていきます。

そして再び女性が袴を着けるようになったのは、明治時代に入ってからでした。

女子大学生の袴姿の始まり

今では卒業式の定番スタイルとなった袴ですが、もともとは明治時代から大正時代にかけて女学校の教員が着用していたもので、それが徐々に学生たちの制服として着用されたことが始まりと言われています。

この頃は畳から椅子に座る機会が増えた時代でもありますし、女性が活動的になり動きやすい衣服が求められたことも、袴が制服として用いられた理由だったのでしょう。また、当時の女学校に通えたのは上流階級の女性に限られていましたので、袴は「知識と教養を身につけた女性の正装」とも捉えられていました。

卒業式に着用されるようになったのはなぜ?

卒業式に着用されるようになったのはなぜ?

昭和初期になると、洋装が定着したことで制服としての袴姿は廃れてしまいますが、袴姿の人気女優が出るテレビや舞台、人気漫画の影響もあり、晴れ舞台である卒業式には袴姿で出席することが定着していったようです。

また、袴の定番模様でもある「矢絣(やがすり)」には、「矢のようにまっすぐ突き進め」という意味があり、さらに袴姿にブーツを履くことで、女性が活動的に進出していくという意志も込められています。このような意味合いから、袴は人生の門出である卒業式にピッタリだと人気を集めるようになったのでした。

岡場駅近くにある美容室HEARtiESTでは、卒業式や成人式など、人生の晴れ舞台を彩るヘアセット着付けを行っています。袴だけでなく、浴衣着物の着付けも承っていますので、特別な一日を最高の思い出にするために、ぜひご利用ください。

  • Facebook
  • HOT PEPPER Beauty

HEARtiEST(ハーティエスト)

兵庫県神戸市北区有野中町
1-10-18 PALDEUX3F

Tel
078-987-2021
Open
10:00~18:00
※最終受付18時
※予約優先制
Closed
月曜・第3火曜